株式会社Feプロ-食育コンサルティング-

全国出張可!Feプロの「食育」と「ヨガ」で健やかに・強く・勝てる身体づくりを

メインビジュアル

ホーム ≫ ブログページ ≫

全ての記事

アスリートの減量は一般的なダイエットとは異なる!?

21-01-12-10-29-26-568_deco_コピー

皆様、

2021年がスタートしましたが、いかがお過ごしでしょうか。

新たな気持ちで、やる気モードになっている方も多いのではないでしょうか。

昨年は大変革の年でした。

初めて経験するようなことも多かったですよね😊

今年は、すべてうまく進んで欲しいものです。

「うまくいく」

「うまくいかす」と言えば・・・

やっぱり根気が必要ですよね。

特に

想いの根気」がなければ、うまくいきにくい。

何が言いたいかというと・・・

いくらセンスや素質があっても想い続けることができなければ、うまくいかないということです。

単純作業を続ける「作業の根気」も大切ですが、それよりも自分を信じて想い続ける「想いの根気」がもっと大切。

つまり、自分を信じ、ひたすら想い続けていると色んなアイデアが生まれ、困難なことに巡り合っても自ずと問題点が解決できる。

すると自信が持てるようになって、積極的な行動がとれるようになる。

自分を信じて想い続けていれば、必ずチャンスがやってきて、それを掴み取れる。

て、

何の話やねん!

と、

突っ込まれそうですが( ^ω^)・・・

「想いの根気」があれば、センスや素質がないと思われていた選手でも大成功するケースがあるということです。

今までそんなアスリートをたくさん見てきました。

なので、私も想いの根気を今一度大切にしていこうと思う今日この頃です😄

皆さんも、自分を信じ、想いの根気を大切にしてチャンスを掴み取りましょう!


さて、ここからが本題です!!

先日、減量を目標にしている選手が

「正月で3㎏以上太ってしまいました、どうすればいいですか?」と相談のラインがありました。

正月太りはよくある話です😁

一般的なダイエットとは違い、アスリートの減量は、「大会で最高のパフォーマンスを発揮するための計画されたスケジュールで減量に取り組むこと」が重要です。

なので、日常的に常に減量をするものではありません。

あくまでも最終目的地(照準を合わせる大会)に向けて、計画的に行っていくものです。

例えば、前出の選手のように3㎏太ったからといって短期間で一気に落とそうとするのではなく、最終の目標数値に合わせて短期的な目標数値を再設定していく。

そして、その短期目標に沿って減量に取り組む。

そうすることでパワー・スピードを向上しながら体重を減らすことにつながります。

あくまでも大会がピークになるように調整していくのが最優先ということです^0^

ではアスリートにとって、おすすめできない減量方法をいくつかお伝えします!

・朝食を抜く

・夕食で主食をとらない

・減量期間が短い

・最終的な目標体重が定まっていない

・運動ではなく、長時間のサウナで体重を減らす

減量の原則としては、減量期間を十分設けて急激な減量をしないということです。

もちろん、競技によって短期間で減量を強いられることもありますが、基本的には大幅な減量を目標にしているのであれば、長期的なスパンで行っていくのが理想です。

特に成長期であるジュニアアスリートは、専門家の指導のもとで減量を行うことが大切です。

減量はトップアスリートでも難しいテーマですので。

あくまでも心身の健康を第一に考えたうえで計画的に行いましょう!!!

2021年01月12日 09:30

🎍新年のご挨拶🎍

Feプロ(ロゴ、文字、縦)

あけましておめでとうございます。

 

アスリートの皆さん、関係者や保護者の皆様、旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

2021年が素晴らしい年になりますように、皆様のご健勝とご多幸をお祈りするとともに、

本年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

2021年01月04日 09:30

年末のご挨拶とお知らせ!

あわただしい年末かと思いますが、どうお過ごしでしょうか?

本年は弊社にとっても変化の大きい1年ではありましたが、多くの方々に支えられ、無事に年末を迎えることができました。

アスリートの皆さん、関係者や保護者の皆様、またホームページやブログをご覧いただいている皆様、1年間ありがとうございました。

そして、今年も多くの方とご縁があったことをスタッフ一同心より感謝申し上げます。

【お知らせ】

12月29日(火)~1月3日(日)までお休みをいただきます。

1月4日(月)から業務を開始いたします。

それでは来年も引き続き、Feプロをよろしくお願いいたします。

皆様、よいお年をお過ごしください😊
2020年12月28日 09:30

坐骨神経痛を緩める!?

1606292478429_コピー
腰のヘルニアになると、お尻の痛みや下半身が🦵びりびり⚡️としびれ、力が入りにくい症状が出ます。

特にお尻から太ももの裏側の痛みは坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)と呼ばれていて、腰のヘルニアの代表的な症状です。
 
その痛みやしびれの原因と解決策は、

🧐原因☝️
お尻のインナーマッスル「梨状筋(りじょうきん)」が「坐骨神経」を圧迫するからです。
 
🤔なぜ圧迫するのか❓
お尻の筋肉の弾力がなくてカチカチ🗿になっているからです。

つまり、柔軟性がない状態。
 
🤓改善策👌
お尻が硬いからマッサージするのも一つの手。

ですが、お尻が硬くなるには理由があります。

それは悪姿勢や股関節が硬かったり…。

股関節が、硬い人は腰椎ヘルニアや腰椎分離症など何かしら腰に違和感、痛みを抱えている選手が多いと感じます。

なので、股関節を色々な方向に動かして、その周りの筋肉に弾力を持たせてあげましょう。

今日は『鳩のポーズ』のバリエーションです
 
🐦やり方🐦
1.四つ這いになり、手の間に右膝を出す

2.左膝、足の甲はマットにつける

3.右のお尻はマットにつける

4.左の足の付け根をマットのほうにジワリと下ろしていく

5.辛い時は上半身をモモに預ける

筋肉の弾力性を高めることで、腰のヘルニアを軽減することができますよ😊
2020年11月30日 10:00

アスリートにとってお菓子は厳禁!?

DSC_0467_コピー
突然、地方の監督さんからサポートの依頼が入り、先日スポーツ栄養セミナーを実施したのですが、何とも言えない良い空気感が流れていました。

選手たちの前向きさ、保護者の方々の熱い想いを強く感じ、こちらも身の引き締まる思いになりました。

チームの目標を達成してもらうために、全力でサポートしていきます!


さて、ここからが本題です。

「お菓子は食べたらダメですか?」

「どんなお菓子なら食べていいですか?」

選手たちからよく受ける質問です。

昨年、大活躍したプロゴルファーの渋野日向子選手が、試合中に駄菓子を食べていることで話題になりましたね😊

本人もお菓子大好きと宣言していました。

ちなみに私もチョコレートが大好きで、よく食べています😁

果たして、

“アスリートはお菓子をすべて厳禁した方がいいのか”

確かにお菓子や糖分たっぷりのジュースなどは、アスリートの身体づくりに好ましいものではありません。

しかし、別の観点から考えてみると、これらは「心の栄養」になるものです。

大好きなお菓子を食べているとき、幸せを感じる方も多いのではないでしょうか。

ストイックなアスリートの食生活の中で、お菓子や甘いジュースをすべて厳禁にすると食べる楽しみがなくなってしまいます。

だからこそ、食べる量や食べ方に注意して摂取することが大切です。

例えば、チョコレートやケーキ、シュークリームやエクレアなどの洋菓子はほとんどが脂質と糖質です。

それに比べ和菓子は低脂質なので、どうしても甘いものが食べたいときはケーキではなく大福などにする工夫も必要でしょう。

あんこは小豆が使われているので、たんぱく質や繊維の摂取も期待できます。

いちご大福ならビタミンもとれるので尚良いですね。

また、塩と油でできたスナック菓子類にも注意が必要です。

これらは少量でもエネルギー量が多いので、満腹を感じる前にかなりのエネルギー量を摂取しがち。

なので、あらかじめ食べる量を決めておくことが重要になりますね。

最後に糖分たっぷりのジュース。

甘いジュースは食べ物に比べ、高エネルギー摂取の実感がともなわないのが怖いところ。

炭酸飲料などは糖分が多く使われているのを容易に想像できると思いますが、例えばスポーツドリンク、意外と糖分が多く使われています。

なので、運動時以外で頻繁に飲んでいるとかなりの糖分摂取になってしまいます。

運動時以外はスポーツドリンクを控えた方が良いでしょう。

甘い飲み物が欲しいときは、できるだけ100%のオレンジジュースや100%のグレープフルーツジュースなどを選ぶと良いですね。

とはいえ、選手たちには頻繁に食べなければ洋菓子でもいいよとは言っています。

加えて、ご褒美として食べてみてはどうかとも言っています。

例えば、満足のいくプレーができた日に少し食べるみたいな感じです😉

やはり食べ過ぎ、飲み過ぎは良くないので、食べる量と食べ方を考えることがポイントになりますね!
2020年11月24日 09:30

初心者向け体幹トレーニング!

1601862775825_コピー
◆ポーズ名
木のポーズ
 
◆効果
体幹、バランス、臀筋、集中力
 
◆やり方
1、片足立ちになり他方の足裏を内ももに当てる
 
2、骨盤平行
 
3、背骨を伸ばし胸の前で合唱
 
読んでみると、

『簡単じゃーん!』と思いますよね(^^)
 
ところが、何も考えずにやろうとすると結構ぐらつくんです。
 
このポーズをするにあたり、身体への意識を深めないといけません☝️
 
足裏の感覚、腹筋の使い方、中心軸の場所、骨盤平行の意味、上半身と下半身の使い方、頭頂部を引っ張られるイメージ、目の場所…
 
この全てをクリアする事で、安定した木のポーズが出来上がります。

その結果、先述した「効果」が得られるのです。
 
見た目だけの片足立ちでは、なんの効果も得られません。
 
見た目が綺麗な野球のバッティングでも、ボールが当たらないことには始まりませんよね😊
 
ボールを打つ、投げる、キャッチする為には、細かい動作で身体をコントロールしなければなりません。

その為には身体の感覚を研ぎ澄まさなければいけませんし、細かい動作を得意とするインナーマッスルを鍛え、柔軟性も出さなければいけません。
 
では最後に、木のポーズをして、投げる動作をしてみてください。

グラつかずに出来ましたか?

グラついた人は、身体への意識、筋肉の使い方があと一歩です😉
 
2020年10月19日 10:00

アスリートにとって効果的な間食とは!

20-07-20-23-36-56-946_deco_コピー
間食に野菜サラダと100%オレンジジュースを選択した両選手!

思わず、

「補食にサラダかよ」と突っ込んでしまいました。

すると、

「はい、足りてない物を補ってます」

......

「い、いいね!」

確かに、日頃から食べられる野菜は積極的にとろう!

と、言ってきましたが、まさか補食でとるとは( ^ω^)。。。

しかしその素直さ、嫌いじゃないです😊

間食に野菜サラダがおすすめかどうかはひとまず置いといて、、、

アスリートの間食の定義は、「栄養を補給する補食であること

補食とは、食事を補うという字の通り、朝・昼・晩の3食で足りない分の栄養素を補うためのものです。

一度の食事でたくさん食べられないという場合でも、食事の回数を増やすことで十分なエネルギー補給、栄養補給ができます。

補食は体重の増量目的もありますが、ハードな練習やトレーニング、厳しい試合で消耗した身体をいち早く回復させたり、パフォーマンスを高めたり、日々の体調を整えたりするのに重要です。

となると大事になってくるのが、何を食べればいいのか、選択する力が問われます。

一般的に言われている間食といえば、おやつですが、アスリートの間食の基本は糖質を含んでいて低脂肪であること。

特に脂肪は消化に時間がかかるので、運動前後にとる間食には不向き。

それに脂肪は通常3回の食事でとっていれば十分です。

さらにいつでも簡単に食べられる携帯性であることも重要です。

具体的に補食の定番をあげるとすると、おにぎりやロールパン、サンドイッチやゆで卵、果物や100%ジュースなど。

ミニカレーライスやおでんを補食にしている強者もいますが、概ね定番は上記の食品です。

ちなみに野菜サラダは定番メニューではありません。

この野菜サラダを自分で考え、選択したことは素晴らしいことです👍

しかしサラダを選ぶのであれば、糖質やたんぱく質がとれるポテトサラダの方が最良です。

サラダを間食については、弊社のスタッフ間でも議論しました。

やはりサラダを選択するなら糖質を含むポテトサラダがベスト、と結論付けました。

練習前後なら尚更ポテトサラダの方が良いでしょう。

前出の選手たちにもポテトサラダを選択肢の一つに入れるようアドバイスしておきました😉
2020年10月07日 09:30

使いやすい身体に変化させ動きの幅を広げよう!

1599452252478_コピー_コピー
コロナ禍の中、アスリートヨガも感染対策に万全を期して行なっております🧘‍♂️
 
アルコールでの手指消毒。

窓もドアも開け放し、クーラーつけて、サーキュレーターを回し、マスクをし、入室制限👍
 
クーラーをかけているとはいえ、窓を開けてるので、まーまー熱い🥵

選手達は暑さに慣れているのか、元気すぎてビックリです😊
 
が、しかーーし☝️
 
ヨガが始まると、
 
痛い、しんどい、動かへん、硬い。。。
 
などなど、自分の身体への「気付き」を知る事になります。
 
F eプロのアスリートヨガでは、
 
まず知る事から始まります。
 
例えば、

ブリッジが出来ない選手
 
1、手首が硬い→手首ストレッチを指導
 
2、腕に力が入らない→肘が外に広がらないよう指導or肩甲骨の筋力UPを指導
 
3、背骨が硬い→胸椎or腰痛のストレッチを指導
 
4、大胸筋が硬い→大胸筋や肩甲骨のストレッチ指導
 
5、キープ出来ない→どこに力が入り過ぎているか抜く力や、なぜキープ出来ないのか指導
 
6、手首が痛くなる→体幹の使い方を指導
 
など、

ブリッジ一つをとっても、選手一人一人によって問題点は違います。

その一つ一つを改善していく事で、使いやすい身体へと変化します!

そして、使いやすい身体に変化することで、動きの幅が広がっていくわけです😉
2020年09月14日 10:00

夏場でも意識+工夫で体重・筋肉量がアップ!?

20-09-03-10-20-13-362_deco_コピー_コピー
「夏の暑さで選手たちの体重が減って参っています」

先日、ある高校野球のチーム関係者から電話が入りました。

それも立て続けに2件。

1件目は地方の高校野球部監督、2件目がこれまた地方の高校野球部の部長先生。

2件目の高校は甲子園にも出場している名門校です。

詳しくお話を聞くと、

「夏の代替大会前から体重が減ってきている選手が多く、ひどい選手はコロナウイルスでの休校前より5㎏程減っています」

「練習時間も通常より短くなっていますので、そこまで体力的な消耗も少ないはずなのですが...」

「一度、サポートについて聞かせていただけないですか」

主旨はこういった内容です。

表現はそれぞれの先生によって少し違いますが、内容は同じ。

「体重が減り過ぎて困っている」

「助けてほしい」ということでした。

アスリートが夏場に体重が減る、というのはよくある話です。

高校野球だけに限らず、どんな競技でも夏場は体重や除脂肪体重(筋肉量)が減りやすいのは事実です。

自分の身体への意識が薄れると、あっという間にしぼんでしまいます。

減量を目標にしている選手であれば良いですが、そうでない選手なら大ごとですよね😊

だからこそ夏場はいつも以上に意識を高めることが重要、それにプラス工夫も必要です。

意識+工夫で夏場でも体格レベルの維持、もしくはさらにレベルアップすることも可能になります。

実際に弊社でサポートしているチームは、夏場、身体数値が下がることはまずありません。

というか、これが下がってしまったら弊社の仕事は激減してしまいます(笑)

そんな会社に誰もサポートを依頼しないでしょう(笑笑)

これは以前にもお伝えしましたが、

身体を強く大きくするには知識と実践力はもちろん重要ですが、その前に選手本人が日々自分の身体に意識を向けること!

これが大切!

「身体を変えるには、まず意識から」です!

そして選手が自分の身体に意識が向くような仕組みづくりも必要になるでしょう。

特にチーム競技ならば尚更必須です。

その仕組みづくりが上手くできれば、選手たちの身体は良い方向に進んでいきます😉

前出の2チームも来月からサポートすることになりましたので、まずは意識づけにつとめたいと思います。
2020年09月03日 09:30

【’20夏(high brightness)バージョンアップ🧘‍♀️】

1597565121015_コピー_コピー
新チームになる度に、良いもの、充実したものを提供したくて、毎回試行錯誤しています👍
 
今回はコロナによる自粛期間がありましたよね。
 
練習したくても出来ない。。。
 
自主練と言っても何をしたら良いのか分からない。。。
 
家で1人で出来る事って意外と少なく感じたかもしれません。
 
そんなコロナ禍でヨガをするプロアスリートが増えました。

身体の可能性を引き出すために取り入れた選手や、精神力を鍛えるために取り入れた選手もいました。
 
ヨガはそのどちらにも効果があり、やってみないと感じられないし、一回や二回では習得出来ません。
 
なので今回のバージョンアップはレベル別にポーズ集を作成し、選手一人一人に配布。
 
トップポーズはなかなかの難易度です😁
 
難易度を上げた理由は、ヤル気、筋力、可動域、柔軟、精神力…何もかもを上げたかったからです☆彡
 
《ポーズ集の特徴》
・トップポーズに入るまでに、順序だてたポーズがある。
 
・写真付で見てわかるようにしてある
 
・目的、効果が記載されている。
 
・レベル5まであり、繰り返しの練習とチェックテストを行う。
 
・筋力増強ポーズ、柔軟UPポーズなど様々なものを取り入れている。
 
 このポーズ集があれば、自主練に使えます。
 
万が一、コロナで自粛になった時やインフルエンザで休校になった時にも使えます!!!
 
なんなら退部してからも使えます(笑笑)
2020年08月19日 10:00