株式会社Feプロ-食育コンサルティング-

全国出張可!Feプロの「食育」と「ヨガ」で健やかに・強く・勝てる身体づくりを

メインビジュアル

ホームブログページ ≫ シンスプリントを改善しよう‼︎ ≫

シンスプリントを改善しよう‼︎

1586835095777_コピー
部活ができず、自主トレで何をして良いか分からない。。。

YouTubeの動画も見尽くした。。。
 
不安や焦りが溜まっていないでしょうか?
 
そこで、シンスプリントについてのお話しです☝️

悩んでる選手も多いかなーと思います😄
 
 
『シンスプリント(英: Shin splints)は、下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生する症状』と、なっています。
 
つまり
 
スネの内側の少し下の辺りが痛くなることです。

まれに、外側が痛くなる人もいます。
 
では、なんで痛くなるのか。
 
それは、

足首がかたいとなりやすいんだって。
 
なら、「足首ストレッチしたらいいやん🤔」
 
って、なりますよねーー🧐
 
でもね、

上の写真のように、アキレス腱が内倒れだと扁平足になります。
 
扁平足だと足首から下の関節や、じん帯がねじれたり、ゆるんだりします。
 
その結果、足首が動かしにくい、ねんざしやすい…といった足首の不調につながります。
 
なので、足首のストレッチをする前に、「アキレス腱を真っ直ぐに立てる☝️」って事から始めるといいのです。
 
スマホの動画機能を使って、自分のアキレス腱がどんな形なのか観察して見てください。
 
真っ直ぐと違うなー。とか、色々な発見があると思います。
 
次に、アキレス腱を真っ直ぐに立てる練習です!
 
かかとの「ど真ん中」で立ちます。

外側や内側に体重を乗せず、「ど真ん中」。
 
すると、親指の付根が軽くなる感じ、浮く感じになります。

それを、ギュッと踏みしめる。
 
そーしたら、土踏まずの筋肉が働いてるなーって感覚になります。
 
その状態でかかとの上げ下げ、つま先の上げ下げをします。
 
色々なヨガのポーズでもアキレス腱を立てていくと、自然と扁平足が改善されます。

ふくらはぎやスネの筋肉もよく使われ、柔軟性も出てきて、その結果、足関節の可動域も上がっていきます。

まずは、アキレス腱を真っ直ぐに立てる事から始めましょう😊
2020年05月14日 10:00