株式会社Feプロ-食育コンサルティング-

全国出張可!Feプロの「食育」と「ヨガ」で健やかに・強く・勝てる身体づくりを

メインビジュアル

ホームブログページ ≫ 猫背がもたらす悪影響 ≫

猫背がもたらす悪影響

1572500835172_コピー
わざと猫背になってからバンザイしてみてください。
 
腕はどの辺りまで上がりましたか??

耳の辺り?

それより前??
 
次に、姿勢を正してバンザイしてください。

さっきより腕が上がりやすくなり、耳の辺りに近付いたり、もっと後ろまで伸びたりしませんか?
 
猫背だと腕の上がり具合にも影響が出てきます。
 
ほとんどの競技は、肩甲骨の可動域が広い方が有利なはず☝️
 
猫背は普段の生活にも悪影響が出ます☝️
 
首の下、Tシャツのタグの辺りににお肉が付いてきたり、女性だと胸が下がったり、アゴも上がり、顔がニョキッと前方に出たような姿勢になってしまいます。

寝た時に枕が高い方が良いと言う人はさらに要注意です🧐
 
肺にも悪影響が出ます。

猫背だと、肺がクシャッと縮まってしまうのです。

これだと呼吸が浅くなってしまいますよね😢
 
内臓にだって良くないです。

小さな空間で内臓が動くのと、広々とした空間で動くのとどちらが良いのか、少しイメージを膨らますと想像がつきますよね🤔

そうです!

広い空間でゆったりと内臓も動いた方がいいのです👍
 
胸を張って、気持ちよく深い呼吸をしながらスポーツやウォーキングをしてみましょう🍁
 
猫背改善には、コブラのポーズや弓のポーズ、写真のようにラクダのポーズが良いでしょう。

★腰痛持ちの方はラクダのポーズを控えてくださいね👧
 
2019年11月05日 10:00