株式会社Feプロ-食育コンサルティング-

全国出張可!Feプロの「食育」と「ヨガ」で健やかに・強く・勝てる身体づくりを

メインビジュアル

ホーム ≫ ブログページ ≫ 🌟基礎栄養学講座パート8🌟 ≫

🌟基礎栄養学講座パート8🌟

はじめに
 これまで様々な栄養素を取り上げ、その働きの概略や必要量について簡単にお話ししてきました。もう一度言います・・・栄養素のお話をしてきました。
 栄養素と栄養・・・混同して使っていませんか?実は「素」がつくのとつかないのでは大違い。そんな細かいことまで知ってあなたも栄養学博士になりましょう。
 では引き続き、知っているようで知らない基礎栄養学の世界をお楽しみください。

目次
・栄養と栄養素?
・おわりに

◆栄養と栄養素?
 人は食事をとることによって、生命を維持し、さらには健康の保持・増進をしています。すなわち食べることによって、人は生かされているということです。
 このように生命活動を営むため、体の外から食物を取り入れ、これを利用する過程を「栄養」といい、取り入れる物質を「栄養素」といいます。一般的に「栄養」を摂ると言うことが多いですが、これは間違いで、「栄養素」を摂るというのが正解になります。
 すなわち「栄養学」は「栄養素」の働きを知ることではなく、体の中にどのように取り込まれ、変化し、使われていくのかということを学ぶ必要があります。例えば、炭水化物が多い食べ物を知るだけでは不十分で、口にして、吸収して、利用する、ここまで学ぶのが栄養学ということになります。
 
 たくさん食べているのに太ることができない、食べる量を減らしたのに痩せることができない・・・何故??
 
 それは口に入るまでしか考えていないから、身体が思うように変化しないのかもしれません。もっと自分の身体を知り、もっと食べ物を知り、そして何が問題なのか気づくことができればいいですね。
 
◆おわりに
 さて、今回は栄養学の本質という少しディープなお話をしました。
 栄養学を深く知るためには色々な小難しい単語が出てきますが、わかりにくいことをわかりやすく解説をモットーに、これからも深い栄養学の世界を紹介できればと思います。
 それでは次回もお楽しみに!!
 
2018年03月29日 09:30